Why it doesn't work?

作業のメモ、記録をブログに残しています。

WordPressをインストールする(準備編 Ubuntu18.04にMySqlをインストール)

WordPressをインストールする(動作環境の確認) - Why it doesn't work?
続きです。今日はMySqlをインストールしてみます。
参考までにオフィシャルページです。
MySQL
なお、Ubuntuのバージョンは、18.04です。

インストール

MySQLサーバをインストールします。

$ sudo apt install mysql-server

環境にもよりますが、数分かかります。インストールが完了したらサービスを確認してみましょう

$ sudo service mysql status

Active: active (running) が出力されていればOKです。

セキュリティの設定

$ sudo mysql_secure_installation

コマンドを実行するとパスワードの設定ガイドが開始されます。

Securing the MySQL server deployment.

Connecting to MySQL using a blank password.

VALIDATE PASSWORD PLUGIN can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD plugin?

Press y|Y for Yes, any other key for No:

yesと答えると、パスワードのレベルを聞かれます。

There are three levels of password validation policy:

LOW Length >= 8
MEDIUM Length >= 8, numeric, mixed case, and special characters
STRONG Length >= 8, numeric, mixed case, special characters and dictionary file

Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG:

設定したいパスワードのレベルを選択します。ここではMEDIUMを設定しています。

Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG: 1
Please set the password for root here.

New password:

ガイドに従ってパスワードを入力します。

Re-enter new password:

Estimated strength of the password: 100
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) :

ここでYesを選択すると入力したパスワードがrootのパスワードとして設定されます。

By default, a MySQL installation has an anonymous user,
allowing anyone to log into MySQL without having to have
a user account created for them. This is intended only for
testing, and to make the installation go a bit smoother.
You should remove them before moving into a production
environment.

Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

匿名ユーザー(anonymous users)を削除するかどうかの確認があります。匿名ユーザーは利用しないため"Y"を入力します。

Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.


Normally, root should only be allowed to connect from
'localhost'. This ensures that someone cannot guess at
the root password from the network.

Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

rootがリモートでログインできるかの設定確認があります。"Y"でリモートからのログインを無効にできます。今回は"n"を入力します。

Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : n

... skipping.
By default, MySQL comes with a database named 'test' that
anyone can access. This is also intended only for testing,
and should be removed before moving into a production
environment.


Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

テスト用のデータベースの削除確認があります。"Y"を入力して、テスト用のデータベースを削除します。

Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
- Dropping test database...
Success.

- Removing privileges on test database...
Success.

Reloading the privilege tables will ensure that all changes
made so far will take effect immediately.

Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

アクセス権のデータベースのリロードをするかの確認があります。yesを選択します。

Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Success.

All done!

これでmysql_secure_installationの設定は完了です。

Wordpress用のデータベースとユーザーを作成する

Wordpress用のデータベース(wpdb)とユーザー(wpu)を作成します。ここでの名称は例ですので、各自適切な名称を設定して下さい。
まずはmysqlコマンドでMySQLにログインします。パスワードは先ほど設定したものを使用します。

$ mysql -u root -p
Enter password:

パスワードの入力が完了すると、mysqlコマンドが入力可能な状態になりますので、ますはデータベースを作成します。

mysql> CREATE DATABASE wpdb DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci;

次にユーザーを作成します。

mysql> CREATE USER 'wpu'@'localhost' IDENTIFIED BY 'your_password';

作成したユーザーに権限を与えます。

mysql> grant all privileges on *.* to 'wpu'@'localhost' with grant option;

設定を保存して終了します。

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> EXIT;

今日はこれまで、次はPHPの設定です。